かつて、地上には、人の住む六つの王国と、永遠の命を持つといわれる神秘の民フィーンの国が、平和のうちに栄えていた。だが、ギルデアの王子ダイロスが、フィーンの国から聖なるダイヤモンドを奪うと、暗い影が世界を覆いはじめる。

ダイロスはダイヤモンドから光の剣を造り、不死の存在、灰色の騎士を生み出して、隣国ボーに侵攻。広大な領土を持つギルデア帝国が誕生した。ダイロスは皇帝の座に就き、他国にも戦争を仕掛ける。
不死の軍隊を前に、絶望が世界を覆ったとき、フィーンの預言者が、光の剣を手にしてダイロスを止める者が現れると預言。ダイロスは光の剣を隠し、剣の力は封印される。しかし、帝国の力は、すでに強大なものとなっていた。

フィーンの王は、各国の代表を呼んで会議を開き、フィーンと人間の連合軍が結成される。その舞台裏で、アトーリス王国の王子ランドリアとフィーンの末の王女が恋に落ちた。人とフィーンとの許されぬ恋。ふたりは深夜、最果ての国へと逃げる……。

十九年後。預言に謳われた勇者がいっこうに現れぬなか、アトーリス王国では、ひとつの街を一瞬にして廃墟に変える兵器〈氷河〉の開発が最終段階に入る。

〈サラファーンの星〉4部作(東京創元社)